ヘナで染めている人の注意点とは|名古屋市中村区平日深夜営業美容院N°5&アネロ

Pocket

こんにちは。

名古屋市中村区で美容院を2店舗経営している
オーナー兼スタイリスト 甲斐誠章です。

今回は、ヘナカラーをしている方への注意点を書いてみたいと思います。

■『ヘナ染め』とは
植物の粉末を水やお湯で混ぜたものを使い
髪を染める方法なのですが

科学系のカラー剤で頭皮が荒れやすい人や
オーガニックが好きな方
ヘアカラーかぶれで染められなくなってしまった人
などが主にヘナ染めをしています。

髪の色を明るく抜かず、
髪の上にそのまま吸着して色を出すという染め方になりますので
髪色を明るくすることはできません。
発色するだけです。

ですので、
白髪を隠すための白髪染め用として
使われることが一般的です。

 

■良い点、悪い点

良い点といえば、
アレルギーの方でも染められる。
髪が傷まない。
艶が出る。
ハリコシがアップする。

これら全てはヘナが髪の表面に吸着して
コーティングする作用によって起こります。

逆にいえば、
悪い点としては

髪が明るくならない。
染めたては髪がキシキシすることがある。
通常のカラーが染まらなくなる。
パーマがかかりにくくなる。
植物系の独特な匂いが残りやすい。

等のことが挙げられます。

タイトルの注意点とは
この中の

カラーやパーマが効きづらくなる事

を指します。

 

■なぜ、注意が必要なのか?

髪に吸着して発色しますので、
同じ部分を何回もヘナでコートしてしまうと、
ヘナによる被膜が強くなりすぎ
結果、ヘアカラーやパーマ液の浸透を
阻害してしまう事になってしまいます。

当店でヘナをする場合は、
同じ部分がコーされすぎない様に
基本的には生えてきた根元のみを染める手法をとっています。
(根元のリタッチと言います。)

ヘナはセルフカラーをしてもダメージが出ないので
ご自宅で染める方も多いです。

ご自宅で染める場合は、
ダメージが出ないから…。と毎回全体を染めるのではなく
なるべく
気になる生え際のみを染めるようにしてみましょう。

自宅では最小限の範囲を塗ってメンテナンスし、
何回かに一回は、
美容院でしっかり綺麗に染めてもらう事をお勧めします。

ぜひ、お試しくださいませ。

 

今回もご覧いただきありがとうございました!

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

N°5
(エヌドファイブ)


名古屋市中村区岩塚本通1−47
平日は深夜23時まで営業
遅くまでやっている美容院、美容室

グーグル検索はこちらから
https://g.page/enudo05

名古屋市中村区で深夜営業の
美容院、美容室、ヘアサロンをお探しの方は、
ぜひ岩塚駅徒歩1分の
エヌドファイブへお越しください。
【電子トリートメント正規取扱店】

○定休日
毎週月曜日、第2、3火曜日
平日14:00〜23:00  土日祝9:00〜17:00

24時間受付可能!
便利なweb予約はこちらから↓
https://appt.salondenet.jp/n05/

 

○月曜、火曜も営業している中村公園支店
anello by N°5
(アネロ バイ エヌドファイブ)


名古屋市中村区豊国通1−16−1
木村ビル102
地下鉄東山線『中村公園駅』6番出口徒歩1分

○営業日時
月曜日~金曜日 13:00〜22:00(カット最終受付21時)
※祝日の場合でも同じ時間で営業いたします。

○定休日
毎週土曜日、日曜日

グーグル検索はこちらから
https://g.page/anello-n05

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。